プロフィール

aki +_+

  • Author:aki +_+
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2チャット
カウンター
ビジター数合計

ユニークビジター数

更新順リンク

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
会心の一手~四間飛車vs右四間飛車編~
久しぶりに会心の一手を指すことができた。
これだから将棋は面白い。
対局場:ハンゲーム
先手:vspecnur
後手:aki
持ち時間:30分/考慮時間3回/秒読み1分


私は後手番で、図は9手目に先手(相手)が6八飛と回った局面だが、四間飛車にしては7七にいる銀の位置が変わっていると思った。定石に詳しくないのでわからないが、この駒組みは右四間飛車対策なのだろうか。
そこから私は予定通り右四間飛車に組み、39手目に図のような局面になった。

39手目は先手が▲7七角と桂馬を取った局面で、後手側としては次に▲7三銀の手が気になる。
この局面でよい手が無いと負けそうです。
しかし将棋には手があるもので40手目の△6五桂がぴったりの会心の一手だった。
初手からの再現は↓の盤面を再生してください。 各局面の要所にコメントを入れてあります。 HSPACE = 0
VSPACE = 0
ALIGN = middle>




この文が表示される場合はJAVAをオンにして
再読み込みして下さい。




実践将棋 | 【2005-07-25(Mon) 01:12:30】 | Trackback:(0) | Comments:(8)
将棋の集中力
ネット将棋の魅力の一つに、リアルで指す場合と違って自分の好きな環境下で指すことができるということがあげられます。

私の場合は、モーツアルトのクラッシクを聴きながら指しています。もともと、クラッシク音楽自体好きだったということもあるのですがプラスαとして、8000Hz以上の高周波音が非常に多く含まれているモーツアルトの曲には、脳を活性化させ、集中力も高め、そしてリラックス効果もあるということが最近の研究で明らかになっているようです。

私個人の結果としては、聴かない時よりも将棋の内容は全然良いと感じています。対して一番最悪なのは、当然ですがテレビを見ながら指す等は良くないと思います。どっちも中途半端になってしまい結果的に時間の無駄使いをしたような気にさえなるからです。

また、集中力を高めるもうひとつの方法として、将棋を指す前に日本茶もしくは珈琲を飲むことをお勧めします。フジテレビの日曜9時から放送している「発掘あるある大辞典2」の今年の1月16日放送分で、集中力に対しての特集があり、そのなかで集中力を高める飲み物として、1位が緑茶で2位が珈琲でした。私は無類の珈琲好きで、自家焙煎のお店で豆を購入し毎日飲む度に挽いているぐらいなので、もちろん珈琲で集中力を高めています。

部屋に充満する珈琲のアロマとクラシックの安らぎ、そして、その環境下で指す将棋は本当に贅沢なので是非みなさんにもお勧めしたい時間です。


コラム | 【2005-07-18(Mon) 12:51:15】 | Trackback:(0) | Comments:(15)
棋譜アップロード方法
一ヶ月ぐらい前「まじでどろどろ」が閉鎖されてしまったので困っている方が多いと思います。そこでそれに近いサービスをしているサイトを自分の知っている範囲で紹介します。

その1
「棋譜アップローダー」
ここのホームページは「棋譜のアップはここから」というボタンからアップのページに入り、そこで戦形を選択して「まじでどろどろ」と同様にkif形式をペーストしてあげれば簡単にアップできます。
ちがいはその後で、自分のアップされた棋譜を探す工程が必要です。最新の10件の項目、もしくは自分がアップするときに選択した戦形から自分の棋譜を探して、そのURLをブログにリンクさせることができます。※詳しい方や、ブログがHTMLに対応している方はそのページのソースを表示し、必要な部分を記事の投稿画面にペーストしてください。

その2
こちらは会員登録が必要になりますが、その分安心して使えるサービスで、ブログ仲間のすなもかさんがオーナーをしている「将棋スクエア」というホームページの「棋譜掲示板」というところからアップが可能です。使用方法も詳しくそのページに記載してありますので、こちらもお勧めです。

コラム | 【2005-07-07(Thu) 01:46:52】 | Trackback:(0) | Comments:(7)
相振り飛車~諦めない気持ち編~
今回紹介する将棋は、ブログ仲間のアメカゼさんとの対局です。
対局場:ハンゲーム
持ち時間:30分/考慮時間3回/秒読み1分
手合い:初顔合わせ

初手からの再現は↓の盤面を再生してください。 各局面の要所にコメントを入れてあります。 HSPACE = 0
VSPACE = 0
ALIGN = middle>




この文が表示される場合はJAVAをオンにして
再読み込みして下さい。



おまけ

今回の将棋で見落とされた詰めの手順がありましたので、
問題にしました。
下の記事を読んで下さい。


実践将棋 | 【2005-06-26(Sun) 23:00:09】 | Trackback:(0) | Comments:(5)
実践型詰め将棋3(13手詰め)
今回は銀冠攻略に少し役立つ問題を出題します。
<13手詰め>


先手の▲9五歩に△同歩と応じた局面です。 ここで詰めの手順が発生しています。
13手詰めです。
みなさん考えてみてください

ヒント:玉を陣から引き出すことができれば‥。

※後手は残りの駒全てを合駒として使えます。
※実戦の形をある程度忠実に表現しているため、 駒余りすることもあります。
 又、詰めの手順が複数存在することもあります。
(但し、最短手順はタイトル通り13手詰めです。)
※解答を見るには、続きを読んでください。

“実践型詰め将棋3(13手詰め)”の続きを読む>>
リアル詰将棋 | 【2005-06-26(Sun) 21:57:45】 | Trackback:(0) | Comments:(10)
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。