プロフィール

aki +_+

  • Author:aki +_+
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2チャット
カウンター
ビジター数合計

ユニークビジター数

更新順リンク

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
将棋の上達方法について
去年ぐらいの話になりますが、45期王位戦の第4局を前に、西日本新聞社デジタル編集部員が谷川さん、羽生さんにインタビューを行いました。その中に将棋の上達法についての質問があり、二人が答えています。
棋界を代表する二人のコメントなのでとても参考になりましたので紹介させていただきます。
知っていらっしゃる方も多いかと思いますが‥

私なりに要約したものを下記しました。


参考にしてみてください。
羽生さんの考え↓

自分より少し強いぐらいの相手(3戦して1勝2敗ぐらい)とたくさん指すことが一番上達の近道だが、相手が見つからなかったり時間が無いなら、自分が比較的楽に解けるレベルの詰め将棋をできるだけ多く解くこと。その際、答えが難しい問題にぶつかったら解答を見てより多くの問題を解くことがよい。

谷川さんの考え↓

初段までは一つの戦法だけが得意でも届きますが、その上を目指すには複数の戦法を指しこなせなければむずかしい。あと対局や研究など時間を費やすこと。
実際のムービーが見れるサイトへはココをクリックしてください。
実際自分も時間が無いので、羽生さんの話の中にあった詰め将棋は通勤電車の中などでできるだけ解くようにしています。
みなさんはどんな上達方法をされていますか?良いもの等ありましたら教えてください。
スポンサーサイト
コラム | 【2005-06-19(Sun) 23:46:04】 | Trackback:(1) | Comments:(6)
コメント

おはよう御座います! 僕もakiさんと同じで電車に乗るときは必ず詰め将棋か手筋集を読んでいます^^ あとトイレが長くなりそうな時とか・・・最近は実戦の機会が極端に減った為昼休みに詰め将棋を解いてます。
2005-06-20 月 09:16:39 | URL | ame_kaze_sinogi #- [ 編集]
僕もあめさんとほとんど同じです^^
一日一局させればいい方ですね。
仕事中も早く帰って将棋さしたいなあって妄想してることもあります(笑)これは上達にはつながりませんが‥
2005-06-20 月 22:51:59 | URL | aki #CWUURYHQ [ 編集]
ハンゲのIDを取ったもののまだ一度も指せてません^^;
いつもログイン出来る時間が夜中になってしまいます。
あと昼間のログインは会社にバレたら大変な事になりそうです^^; あ~自由な時間が欲しい・・・
2005-06-21 火 00:51:33 | URL | ame_kaze_sinogi #- [ 編集]

akiさんこんばんにゃ。。。
 上達する方法はトイレの中に本棚を置くことですかね。あと、彼女が昼寝している間に静かに練習するとかですね・v・
2005-07-05 火 20:51:09 | URL | あゆみの み! #- [ 編集]
私も行き帰りの電車のなかで詰め将棋(私の場合は3手詰めですけど^^;)、解いてます^^
でも、駒落ち定跡も読まなくてはいけなくて、ちょっと自分としては大変・・・^^;
20分しかない電車の中で、今日はどちらを読むか~と悩みつつ、三手詰めを解いているうちに眠っていたりして・・・あは^^

早く上達したい今日このごろです^^
2005-07-09 土 09:39:25 | URL | ゆーめー #MOemMYPQ [ 編集]
やはり電車の中では手軽にできる詰将棋の本がいいですね^^僕の場合、定石の本は将棋板とかがないと頭の中で一手一手想像になるので、読んでると大変な気がします^^;
2005-07-09 土 19:07:01 | URL | aki+_+ #CWUURYHQ [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

現在、「初段の終盤(週間将棋)」の本を読んでいる。(次は「二段の終盤(週間将棋)」を読む予定)正確な読みを行う為、なるべく将棋盤は使わず頭の中に将棋盤をイメージするよう心がけている。難しいのがイメージ中に、7手先あたりまで読み、その過程で駒のぶつかりが生
【2005-06-20 Mon 10:49:47】 | 楽しく始める将棋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。