プロフィール

aki +_+

  • Author:aki +_+
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2チャット
カウンター
ビジター数合計

ユニークビジター数

更新順リンク

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
策士同士の相振り飛車~終盤戦~
前譜「~中盤編~
△5七角成
以降の終盤戦を解説をしていきます。

先手:黒猫 後手:aki
陽動相振り飛車:中飛車対三間飛車
↑棋譜再現はこちらをクリックしてください


ここから
△5七角成 ▲8五桂  △8二銀
と進みます。

先手は桂馬を活用してこちらの玉に迫ってきます。
この8五桂に対して▲同桂と応じてしまうと△同金で先手は良い攻めの形になってしまいます。
そこで先手は△8二銀とかわし、香車を金に当てました。
受けながら相手の攻め駒プレッシャーをかけた展開です。
ここから
▲9四歩  △9二歩  ▲7三桂成 
△同 金  ▲9五金  △1七歩


先手の攻めが切れるまでしっかり受けて、
その際できるだけ端の利きの数が減らないように▲7三桂成には△同金と
駒を引きつけておきました。
そして、いよいよ△1七歩から反撃の開始です。
先手玉は後手の馬の利きが大きくて
端から攻められると玉が狭い感じです。

▲8五桂  △6三金  ▲8九飛
△1五香  ▲9三桂成 

お互いに手抜きをして迫っていきます。
▲9三桂成りは厳しい手でした。
開き王手で銀取りと飛車成りは約束された瞬間です。
後手はこうなる前に玉を7二に逃がす等すべきだったかもしれません。

△7三玉 ▲8二飛成 △6四玉

△6四玉と逃げた局面では歩と金が上下左右を守っていて、
先手には直接的な継続手がありません。
▲8三成桂 △1八銀  ▲4八金打△1九銀不成
▲3九玉  △6七馬  ▲4六歩  △1八歩成
▲5八銀  △2九と  ▲同 玉  △6八馬
▲8四金  △3六桂

後手は金が無いので△1八銀から攻めますが、
先手は持ち駒の金と銀で馬を遠ざけて受けてきました。
後手は先手の攻め駒が無くなって安心した反面、
相手玉が堅くなったので苦労しそうです。
しかし遊んでいる飛車の活用を図って△3六桂としました。
▲同 歩  △同 飛  ▲3七歩  △1六飛

△1六飛まで進んで飛車の活用に成功しました。
後手はすでに駒得しているので、
遊び駒を活用すれば優勢が拡大するはずです。
▲4九金  △2八銀打

△2八銀打で決まりました。後は7手詰めです。
以下
▲同 金  △同銀成  
▲同 玉  △1八飛成 ▲3九玉  △2九金
▲投了

124手で先手の勝ち。
スポンサーサイト
実践将棋 | 【2005-05-29(Sun) 21:08:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。